•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    幼なじみの美月に中途半端な想いを抱いていた私は、親の都合で海外に引っ越すことになったと美月に告げられたが、それでも素直になれずにいた。別れを告げる天気は激しい嵐だった。ふと、美月の透き通るような胸が全身に染み込んでいるのに気づき、理性を失ってしまった。