•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    太郎は歩いていると月島桜が仕事に奮闘しているのを見て、すぐに助けに来た。 仕事が終わった後、月島桜は彼を家に飲みに誘った。ノーブラの胸に太郎は目が離せなくなった。 夏休みだったので暇だったひめかは、近い将来の大学受験に向けて太郎に勉強を教えてあげると申し出た。もちろん太郎も同意する。 太郎が自分の大きな胸に惹かれていることを知っていた月島さくらは、自ら率先して彼の欲望を満たすことにした。それ以来、月島さくらは、勉強のためにひめかの家に行くたびに、太郎がもっと勉強に集中できるように、ひめかに先にハメてもらうようになりました。 月島さくらは、太郎が友達を家に誘うことにも同意しました。二人で「一緒に勉強」…。